竹寿し|極上の佐伯寿司を市の中心部で ネタの新鮮さ、その審美眼…襟を正すほどの筋通る味わい

数ある佐伯寿司の店の中でも極上の味を堪能できる竹寿し。店主自ら毎朝魚市場へ足を運び、己の目で食材を選ぶ。”当日水揚げの『天然もの』” に拘り抜く店主の職人魂が光る “「黒潮の極」 佐伯地魚にぎり寿司” (4,200円)は車エビやアワビ、ウニなど最高級ネタ9貫。その味わいは、襟を正さねばという何かを心の中に得るようだ。

飲食店支援金付き#大分エール通販
報告する
Booking.com

プレスリリース一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。