enryuji

円龍寺

中津市

〒871-0099 大分県中津市寺町991

Googleマップ

閻魔さまと会える寺、円龍寺

中津市に佇む円龍寺は、歴史的な価値と心の安らぎを求める人々に愛される場所です。
創建された寛永年間から続く信仰の軌跡と閻魔様への崇敬が息づき、
毎年8月の縁日には賑わいを見せます。

【 歴史と由来】
円龍寺は、寛永年間に小笠原長次公によって創建されました。
閻魔様を祀るこの寺は、中津の寺町に位置し、地域の信仰の中心となっています。
毎年の縁日や閻魔大王像の逸話は、寺の歴史と深い結びつきを持ちます。

【 寺の特徴】
本堂に向かって左側には観音堂と閻魔堂があります。
閻魔像は、檀家の武士が造立し、後にここに移されました。
この逸話は、寺の重要な特徴の一つであり、閻魔さまのお寺として親しまれています。

【 縁日と信仰】
8月9日の「寺町七観音の千日詣」は、「なかつ寺町とうろう祭り(七観音参り)」として
中津市古き良き信仰を今に伝える重要なイベント。
多くの参詣者で賑わいます。
地域住民や県外からの参詣者が、閻魔さまとの縁を求めて訪れることでも知られています。

【 アクセスと周辺情報】
中津駅から徒歩15分ほどの寺町に位置し、周囲には様々な宗派の寺院が点在。
門前町の風情を楽しみながら、歴史的な寺院巡りができます。

【 おすすめポイント】
自然と歴史が調和する聖域であり、旅行・観光スポットとしてだけでなく、
文化や歴史に興味を持つ人々にとっても魅力的な場所です。

\ このページが気に入ったらシェア! /

  • フォトガイド

    4件
  • プレスリリース

    0件
  • フォロワー

    0人
  • フォロー中

    0人